礫明 第一期 ​/ 東京都文京区
「 1枚の壁の仕上げを10年考えたい。」
 第一期のコンセプトは、つくり続ける建築の骨格となる簡素な小屋をつくること。そのため、外装と植栽は先行し仕上げ、それ以外は下地材現しとしている。室内壁面の仕上げは石膏ボードスクエアエッジを真鍮ビスにより打ちつけ、その施工精度により独特な緊張感を漂わせる。未完であるが故に、おおらかで不思議な魅力を持った建築となった。
ー掲載誌ー

 ・新建築住宅特集 2013年11月号

 ・新建築住宅特集 2014年4月号

    (河合建築紹介記事にて)

 ・新建築住宅特集 2014年6月号

    (近作訪問 徳井正樹氏寄稿)

 ・新建築住宅特集 2016年8月号 

            (庭特集 その後の庭紹介)

 ・TOTO通信  2015年新春号

 ・HOUSE:建築家と建てる家

 ・新建ハウジング2015年6月号

 ・建築知識 2016年7月号

 ・明日から使える内外装

      マテリアル300/エクスナレッジ

礫明 第一期
02_玄関ホールからアプローチを見返す(小)
03_路地脇の庭
DSC_1433 (2)
DSC_1441
DSC_1451
DSC_1460
DSC_1467
DSC_1468(小)
DSC_1471
DSC_1473 (2)
DSC_1498
1483-1487+